平成23年度活動記録

 
内容の詳細は各開催回数の所をクリックしてください
 
開 催 回開 催 日会  場内  容
第101回H23年6月1日(水)福井県済生会病院ビギナーズセミナーⅠ
平成23年度総会
第102回H23年8月3日(水)福井県立病院会員発表「平成22年度 胃がん個別検診精度管理(画像評価)
会員発表「画像の検討」
第103回H23年10月5日(水)福井県済生会病院学術講演「症例検討と用語説明〈陥凹性病変編〉」
会員発表「胃がん検診専門技師制度と認定試験について」
第104回H23年12月7日(水)福井県立病院医師講演「消化管透視に活用できる病理の知識」
メーカー講演「CTコロノグラフィーについて」

第101回研究会

ビギナーズセミナー

福井社会保険病院    山川 秀昭 さん

福井県予防医学協会   平田 智嗣 さん

福井社会保険病院 山川さん

さて101回、意外と続いていますね、研究会。
今回はビギナーズ講習会と銘打って、個別がん検診が始まっている中での初心者向けの企画だ。
と 思って聞いているとやけに難しい事をのたまわっているではないか?初心者ってどのくらいの経験のある人たちを考えていたんだろう?
社会保険では、検診を受ける人たちに検査試行ガイドラインを儲けており、その話から始まった。
つづいて、発泡剤・バリウムについての禁忌、また 胃透視を中止する例等を上げ、わかりやすく話をしていた。
撮影法は、新・胃X線撮影法ガイドラインの任意型検診撮影法に準じ、12体位、16曝射。勿論、病変があれば追加撮影、そして読影レポート提出をしているそうだ。
最後に、「堂々とした態度で」「どんな言葉で、どんな表現で」「最後はねぎらいの言葉を」とまとめ、『やる気』と『前向きな気持ち』を忘れずに、検査をガンバッテ!!
う〜ん!恐るべし。これを覚えちゃったら初心者じゃなくなっちまうよね。でも、最後の言葉、心に染み渡りますよね!惰性で写真を取っている自分が恥ずかしい。

 

さて、講師が変わり、平田先生。

福井県予防医学協会 平田さん

実際に予防医学で自分が教えている事らしいが、これも初心者様なの?
聞いていると自分が技師になりたての頃は、何も教えてもらわなかったような事が研究会では惜しげも無く話しているけど、みんな秘密は無いの?
所見用語、よく書いてくれました。マダマダ知らない言葉が多くて、でも昔の先生が読影していた時の言葉が今は段々崩れてきているように感じるんだ。
だからしっかりした用語と意味は理解しよう。
そして撮影法。ポイントを上手くまとめながら報告がありましたが、初心者には何度聞いてもよくわからない。
撮影体位、画像の善し悪し、悩むな〜と思ったら、画像の善し悪しの見方について、詳しく話してくれました。
でも、さらに解らなくなったりして、もっと小出しで研究会に何度もくり返し講義して欲しいよね。
ところで、非過形成様粘膜だけど、昔H先生がバリウム検査ではわからないと言っていたような気がするけど、皆はどう覚えているかな?
難しすぎて、オイラには何の事やら。でも一歩一歩ジミチに頑張らなきゃ!!

平成23年度総会

平成22年度事業報告・会計報告

平成23年度事業計画案

その他

 
 
文責K,K 校正N,Y

第102回研究会

会員発表   胃がん個別検診精度管理(画像評価)について

福井県健康管理協会    宮川 裕康 さん

福井県健康管理協会 宮川さん

厚生労働省ではがん検診の受診率を50%以上とすることを目標に掲げており、福井県でも昨年からがん検診をより受けやすくするため、これまでの集団検診に加えて新たにがん個別検診制度がスタートしている。
今回、胃がん専門部会の福井県医師会がん個別検診精度管理委員会である福井県健康管理協会の宮川 裕康さんより、県内の胃がん個別検診の現状、そして個別検診実施施設のフィルム評価を終えて、その結果と今後の課題についての報告があった。
まず、胃がん検診を行うに当たっての基本的な取り決めや基準撮影法についての説明があったが、これは技師であれば当然周知されている事であろう。
昨年度の福井県の実績は1,654件であり、その中で丹南地区の件数が854件と多いのには驚いた。
続いて、5月に行われた個別検診実施施設に対してのフィルム・システム評価の結果報告があった。
これは技師6名と医師3名が3チームに別れて審査を行ったものである。65施設が審査を受け、そのうちデジタル撮影が行われていたのは17施設であった。全体の合格率は55.4%ということで決して高いとは言えない。
ただ、技師が撮影している施設はすべて合格の判定であったので、どうやら面目は保たれたか・・・。

kaijou102.jpg

不合格の原因としては、濃度不良、バリウム付着不良、撮影体位不適、機器管理の不備などがあげられていたが、特に、撮影体位不適としては前壁撮影の体位を指導された施設が圧倒的に多かったようである。
今後は前壁の撮影を研究し、普及させていくことが課題であろう。
会場からは、機器管理について改善が必要な施設には医療機器メーカーに相談するようにと明記されているようであるが、現在不合格の施設に対してメーカーに相談という対応だけでは合格ラインに持っていくことは難しい。現時点では講習会を行うなど方向性は決まっているようであるが、たとえば基準撮影法の撮影方法を具体的に示したDVDを作製して配布するとか、あるいは個々の施設に技師を派遣して合格へのお手伝いができるようなシステムも検討すべきではないかとの意見が出された。
元来、基準撮影法は受診者がどの地域でどの検診施設を受診しても、安心し納得できる質の高い検診を提供できるように撮影法を標準化・統一化したものである。
受診者一人一人の身になって検査を行う必要があり、自分の撮影した写真が、QOLの高い早期がんを発見することが可能か、再確認していただきたい。

 

会員発表    画像の検討

福井県立病院    谷嶋 良宣 さん

福井県立病院 谷嶋さん

次に県立病院の谷嶋さんより「画像の検討」と題して症例提示が行われた。
これは、同病院の寺本さんがコツコツと集めた症例の一部を公開していただいたものであり、X線画像、内視鏡像、病理結果と最終判断まで追えるようになっている。
Type0-Ⅰ、Type0-Ⅱa、Type0-Ⅱc、Type1、Type2、Type3、Type4の症例を順に提示していただき、各画像の特徴をふまえて読影を行っていった。
典型的な症例やそうでない症例もあったが、順に追って説明していくことで、それぞれのTypeの特徴が良く分かったのではないかと思われる。
会場でX線画像を読影してもらった際に、所見用語の正しい使い方ができていない、あるいは、あやふやな状態で用語を使用している場面が気になった。
皆の前で読影を行うとなると、緊張して言葉が出なくなってしまうかもしれないが、常にはっきりと言葉で所見を表現できるように、所見用語を正しく使う努力を日頃から積み重ねていく事が必要であろう。

文責N,Y 校正K,K

第103回研究会

特別講演   「症例検討と用語説明〈陥凹性病変編〉」

社会保険高岡病院    原田 淳也 先生

 
社会保険高岡病院 原田先生

今回の研究会は、富山県のみならず東海北陸地区で活躍されている、社会保険高岡病院の原田 淳也先生をお迎えしての講演となった。原田先生はNPO法人日本消化器がん検診精度管理評価機構の指導講師でもあり、皆の期待も大きかったようで会場もいつになく満員。そんな中で症例検討から始まった。
さっそく、読影者の「ここが・・・」との言葉にダメ出しが入る。症例検討会でついつい出てしまう「ここが・・・」とか「この辺が・・・」という言葉は、これを機会に、今日限りで封印しよう。
胃角部前壁小彎よりに粘膜ひだの集中を伴う辺縁不整な陥凹性病変があり、陥凹面には顆粒状の陰影が認められるとのことで、深達度はmのⅡc病変であるが、この後、精密検査に来られなかったとのことで、2年後には4型でリンパにも脈管にも転移が起きてしまうという残念な結果になっている。
これが、もし見逃しであったら・・・と思うと背筋がゾッとする。
この症例で、前壁を丁寧に撮影することの大切さがあらためてわかったと思う。枕を使いしっかりと描出する努力をするかしないかで、受診者の人生を変えてしまうこともあるという事を常に頭の片隅に入れておくべきである。

 

次は、胃角部小彎のひだの集中を伴う辺縁不整の浅い陥凹の中に消化性潰瘍によるさらに深い陥凹がある症例であった。深い陥凹は目立つので、ついついそちらに目がいってしまい、良性潰瘍で片づけてしまいがちであるが、その周辺にⅡcが隠れているかもしれない。しっかりとバリウムを付着させる事が大切である。良性と悪性との違いが一つの病変で比較できる分化型のⅡc+Ⅲであった。

 
社会保険高岡病院 原田先生

次は、胃角部後壁小彎よりにひだの集中を伴う陥凹性病変があり、ひだの先端は中断や先細りが見られ、陥凹の境界は明瞭であり、陥凹の表面は顆粒状の陰影が認められるとのことで、未分化型の症例であった。
この症例を読んでくれたのはほとんど胃透視の写真も見たことがないという初心者のようであったが、原田先生の上手な導きにより、最後まで読影することができたようだ。彼女にとっては、基本的な読影の進め方がよくわかり、非常に勉強になったのではないかと思われる。これを機会に消化管のスキルを磨いていって欲しいものである。

 

最後は精密胃透視の症例で、最後まで丁寧に読んでほしいとのことで写真の枚数も多い。
読影者は体下部~胃角部前壁にひだの集中を伴う辺縁が不整な陥凹性病変があり、ひだの先端には中断と一部に融合があり、陥凹の表面には顆粒状の陰影が認められ、未分化型のⅡcで、深達度はひだの融合があるのでsm以深と読んだ。

 
kaijou2.jpg

さて、症例検討会で、皆の前での読影というものは緊張するものであるが、聞いている人が頭でイメージできるように、言葉を使ってしっかり表現することが大切であるとのこと。その言葉というのが所見用語である。これを使って病変の場所、形状、大きさ、周辺の性状、境界、辺縁などなど・・・を一つ一つ表現していく。
今までの原田先生の講演を聞いていればわかると思うが、所見用語はたくさんある。そして、その中にキーワードとなって結論に結びつくものがいくつかある。所見用語を組み合わせていくと、病変が良性なのか悪性なのか、悪性ならば深達度はどうか、組織型はどうかが自ずと導かれていくとのことである。原田先生は、その後の懇親会の席でも述べておられたが、大切なのは、この所見があるからこうであるという筋道が通っていることであって、結果的に違っていても筋道が通っていれば責める問題ではない。その筋道というのが、所見用語の組み合わせにより得られるものであって、これが理解できてしまえば、今まで難しいと思っていた症例検討会も楽しくなるとのことであった。

 

・・・ということで、主な所見用語の説明が丁寧に行われた。また、中村恭一先生が述べておられる「胃癌の三角」という言葉があるが、場と肉眼型と組織型との関係を知ると、もっとよく理解できるので、背景粘膜を知ることも大切であると述べられた。

kaijou1.jpg

全ての所見用語の説明が終わったところで、最後にもう一度、先ほどの症例を読み直すことになり、ひだの融合と思っていた所見はそうではなかったと理解できた。ひだの集中を伴う辺縁が不整な陥凹性病変があり、ひだの先端は中断と先細りが見られるが、肥厚や融合はみられない。陥凹の表面は不整でやや大きめの結節といくつかの顆粒状の陰影が見られ、中央にバリウムの濃淡差がみられる。陥凹の境界は明瞭である。背景粘膜はFライン境界領域である。以上のことより深達度はmの未分化型のⅡcということになる。
病変は周辺から中心に向かって読んで行くことが大切で、所見用語を要約して整理していけば、最終的に読影につながっていくと述べて話を締めくくられた。
これだけ、一つの症例をじっくり読む事が、最近少なくなっていたので、非常に勉強になった研究会であり、あっと言う間の90分であった。前に研究会でおこなった“次の一手”のヒントになったのではないだろうか。集検を担当している技師さん、よ〜く理解してね。

 

この後、場所を変えて、原田先生をお迎えしての懇親会が行われた。参加者は16名。原田先生には、お忙しい中、福井までお越しいただいたこと、また、長時間にわたりお付き合いいただいたこと、大変感謝しております。どうもありがとうございました。

 

会員発表   「胃がん検診専門技師制度と認定試験について」

福井社会保険病院    和田 宏義 さん

福井県健康管理協会   西村 宣広 さん

 

残念ながら時間の関係で、このコーナーは次回に延期となりました。準備をしてくださった和田さん、西村さん、申し訳ありませんでした。

 
 
文責N,Y 校正K,K
 
 
 
 

Reload   New Lower page making Unfreeze Diff Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes