平成29年度活動記録

 
内容の詳細は各開催回数の所をクリックしてください
 
平成29年度開 催 日会  場内  容
第130回6月7日(水)福井県立病院 会員発表「平成27年度胃がん検診結果報告
平成29年度総会

第130回研究会

会員発表 「平成27年度胃がん検診結果報告」

福井県健康管理協会   西村 宣広 さん

福井県立病院      飯田 圭 さん

nishimura130.JPG

平成27年度の胃がん検診で発見されたがんは35例であった。
そのうち症例未報告が3例あり、報告症例数は32例であった。
早期がんが22例、進行がんが10例で早期がん比率は65.7%であり、ESD・EMRを施行された症例が12例(37.5%)であった。
最初に、馬場保昌先生・吉田諭史先生編著の「胃癌X線診断の究極」の中から「肉眼型と深達度の指標となる所見(隆起型 0-1~Ⅱa型、Ⅱa+Ⅱc型)」の抜粋が紹介された。
X線的な深達度の要点のまとめ」を頭に入れてから実際の症例を見ようということである。
その後、平成27年度胃がん検診で発見されて県立病院にて治療された2例についての検討を行った。

 
 
 
 
 

≪症例1≫
70才代 男性
まず、集検の写真が提示された。

katada teramoto.jpg

読影者は、背臥位二重造影にて体中部後壁大彎側に大きさ2~3㎝のバリウムをはじく辺縁不整な隆起性の病変が認められる。
バリウムがたまっているところと、はじいているところがあるが、隆起が集簇しているようでカリフラワー状のようにも見える。
ひきつれによる弯入もなく硬さも感じないので、深達度はSMの0-Ⅱa型であると思う。
背景粘膜はひだが消失しており、慢性胃炎による萎縮が進んでいるようであると読んだ。
会場からは、隆起の中に陥凹があるように見えるので、深達度はSM以深の進行がんで、大きさも一回り大きく3~4㎝あるのではないかとの意見が出た。
前年度の写真が提示された。はっきりとした所見は認められない。
病変指摘部位は周辺粘膜と比べるとバリウムの付き方が違うようにも見えるが、この写真だけでの指摘は難しい。
ただ1年前なので実際はすでに隆起があってもおかしくない。
バリウムを病変部位に流しながら透視で観察すれば指摘できたのかもしれないと思われる。
精密胃透視の写真が提示された。
大彎側をまたいで3~4㎝の隆起を主体としており、陥凹もあるように見えるが、カリフラワー状の谷間が陥凹に見えるだけかもしれない。
最初の読みよりサイズは大きく、深達度も深そうであり進行がんを疑うと読んだ。
会場からは2型進行がんを疑うとの意見や、大彎側に太いヒダが多く未分化型も否定できないとの意見が出た。
胃全体を見ると変形やひきつれはなく、病変の硬さはあまり感じられないが、病変の中央部分は硬いようにも見える。
また、圧迫以外に丈の高さを表現する写真がないので、バリウムの量を変えながら隆起の周囲に漂わせた写真があると良いとの意見が出た。
内視鏡写真では、隆起を主体とした0-Ⅱa集簇型のように見えた。
結果は体中部後壁の0-Ⅱa病変。組織学的には粘膜内にはtub2、tub1を認め、粘膜下層以深はpor2、tub2が認められた。腫瘤はscirrhousが固有筋層まで浸潤していた。
M、Post、Type0-Ⅱa、49×36㎜、por2 > tub2 > tub1、pT2(MP)
で幽門側胃切除をされていた。

 

≪症例2≫
80才代 男性
まずは、集検の写真を読んでもらった。

kaijou130.JPG

読影者は、体上部後壁、噴門直下辺りにバリウムをはじく立ち上がりのはっきりした辺縁不整の隆起性陰影を認める。
2つの隆起がつながっているようにも見える。
隆起の大きさは2~3㎝ほどで、丈も3~4㎜を超えているようであるが、深達度はSMまでの0-Ⅰ型を疑うと読んだ。
続いて精密胃透視の写真が提示された。
3~4個の隆起が集まった分葉状の隆起を形成していて、隆起の表面は比較的平滑に見える。
内視鏡写真が提示されると、丈が4~5㎜以上はあるということで、会場内で0-Ⅰ型なのか1型なのかで意見が分かれた。
結果は、体上部後壁の0-Ⅱa病変。組織学的には粘膜内にはtub1(腸型、高異径度)が認められた。
U、Post、Type-Ⅱa、25×22㎜、tub1、pT1(M)
で噴門側胃切除がされていた。
隆起の高さは明らかに5㎜以上あると思われたが、肉眼分類では0-Ⅱa型であった。

 

今回は隆起型の症例をじっくりと検討することができた。
ここまでの勉強を踏まえて・・・ということで、過去の隆起性病変の写真が2例紹介された。
最後に、馬場先生と吉田先生の書かれた「X線的な深達度の要点のまとめ」が再度表示された。
隆起性病変の深達度診断は難しいが、これをしっかり頭に叩き込んで、今後の読影に活用していきたい。

 
 

平成29年度総会

平成28年度事業報告・会計報告

平成29年度事業計画案

 
文責N,Y 校正T,K
 
 
 
 

リロード   新規 下位ページ作成 凍結解除 差分 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Wed, 21 Jun 2017 13:52:03 JST (31d)